無料ブログはココログ

ブログパーツ

2013年6月27日 (木)

アイドルって!

NHKの朝ドラ「あまちゃん」がいよいよ東京編に入りました。
あきのアイドル修行編ですね。

今のアイドルにはそれほど詳しくないのですが、8、90年代のアイドルとなると話は別です。
だって松田聖子世代ですもの~~~。
あのころは髪を切りにいくと、聖子ちゃんカットなるものにされてしまいましたね。
みんながみんなドライヤーで、髪を後ろになびかせていましたね。
私ですら!私ですら!聖子ちゃんカットにしてましたわ~~~。
懐かしいなぁ。

でも松田聖子よりキョンキョンのほうが好きだった。とくに髪を切ったあとのキョンキョン。
「なんてったってアイドル」なんて歌を歌えるのは、彼女ぐらいだと思ったよ。
とにかく突き抜けてたよね。歌唱力は・・・だったけど、でもいい曲に恵まれてたよね。

だがしかしカラオケのときに歌うアイドルの曲といえば、工藤静香になってしまうのよね。
まぁ・・・いろいろと・・・思い出が・・・ありまして。

そして大江千里も好きでした。
Youtubeで昨日思いついて、ひたすら大江千里を聞きまくっていました。
今は便利ですよねー。昔の曲も指一本で聞けちゃうんだから。
一回だけ友達に誘われて、納涼千里天国(ライブ)にも行ったけど、にわかファンなので、知らない曲ばかりでちょっとさびしい思いをしたりもしたわ。
今でも好きだけど、今はジャズのひとになってしまわれたのよね。

しかし小学生のときに沢田研二を好きになり、西條秀樹(おお、一発変換)が好きだったんだけど、中学からは洋楽に走り、高校時代はクラシックに走っていたから、あまりアイドルにははまらなかったかもしれない。だが大学時代にオフコースにはまってから、またJ-popの道へ行くのでした。

でもこういう話は楽しいね。
「あまちゃん」を見てると、いろんな懐かしいことを思い出すので、なんだか嬉しくなってしまうのでした。

2013年5月30日 (木)

「あまちゃん」にはまってます&宮沢賢治のことなど。

NHKの朝ドラ「あまちゃん」にはまっています。
朝ドラを見る習慣はもともとなくて、たまぁーに見る程度でしたが、「カーネーション」で激はまり!尾野真千子さんの演技のとりこになり、「梅ちゃん先生」では舞台が蒲田だったので(地元)なんとなく見続けていました。

そして「純と愛」をはらはらしながら見守り・・・

「あまちゃん」ではじけましたhappy01

とりあえず朝と昼の1日2回見て、2回見られない日は録画して見る。

海女のアキちゃんがめちゃくちゃかわいい!ユイちゃんもクールを気取ってるけど、やっぱりかわいい!脇のみんなもすごくいい!春子ママもいい!キョンキョンってこんな役ができるんだぁ~とすごく感動。自分を変えたいという春子ママ、十分母親としては成長してるよ。
北鉄の大吉さんと吉田くんと観光課の菅原さんのトリオもいい味だしてる。

でも驚きは、イケメン小池徹平くんが、暗くてうざくてストーカー的だったのが、適当に職場恋愛してみたり・・・という全然イケメンでもさわやかでもないキャラをこなしてるのが、すごい。

毎朝笑って泣いて・・・こんなの初めて!これからの展開が非常に気にかかるけど、きっとおもしろいと思うよ。

でもって、お話に出てきたアキちゃんのおじいちゃん、忠兵衛さんがすごくよかった!
武骨だけど、お茶目だったり、でもやっぱり海の男だから、海の上でしか生きられない。
そんな忠兵衛さんのBGMが「星めぐりの歌」だったのです。宮沢賢治作詞作曲の。
んでもって、気になるから、YOUTUBEで検索してみたら・・・いい曲でした。すごくいい。
毎日はまって聴いてます。賢治つながりで讃美歌も聴いてます。

子供のころって宮沢賢治って、あまりおもしろくなかった(ごめんなさい)印象があり、深く読んだことがなかったのですよね。でも東北旅行に行ったときは、宮沢賢治記念館にも行ったのにね。「注文の多い料理店」ぐらいしか自分の中ではウケなかったです。もったいないことしたなー。

ちなみに息子が小学生だったときに「グスコーブドリの伝記」「よだかの星」を読み返して、しみじみと感激しました。大人にならないと、私にはわからなかったみたいですね。

脱線しましたが、「あまちゃん」毎日楽しんでます。明日も楽しみます。毎日朝が楽しみになりました。こうやって人は何かにはまっていくのですね。キャストやスタッフのみなさん、がんばってください!!!